‘theo +/-’ is an experimental film focusing on bipolar phenomena conducted through geometric shape of a sphere. The film is an extended interpretation of Baba’s installation artwork ‘ theo + ’ representing a black sphere and ‘ theo – ‘ representing a white sphere. Aesthetically the elements are reduced into simplest form around us, metaphorically confronting various notions such as; black and white, irrational and stable, ying and yang, fusion and fission, material and spiritual. Through out the film, rhythm and silence is a key factor of expression, a giving a moment toward viewers to subliminally comprehend the opposing factors through their auditory sense. The idea had been conceived by the artist’s perspective of life and death. The visual conception of how we exist as a form of matter operating ourselves though one’s soul. The screenplay crossovers between a bright closed room and dark infinite space, indicating transition of life in different stages through recurrent scenes and repetitive rhythms, signifying Baba’s expression of a chant toward the predecessor.

‘theo +/-‘ はこの宇宙における対極な現象を球体のみを用いて表現した映像作品である。作品の着想は、作家が描く生と死の概念から生まれ、’体と魂’の表裏一体の関係を視覚化したものである。宇宙の構成要素を理解する上で私たちには馴染みの深い「球体」のみを用いることによって、コンセプトの洗練を試みた。日本語における「魂(たましい)」という言葉は的確に表現していると作家は考える。物質と精神、プラスとマイナス、白と黒、陰と陽、遠心力と求心力等、様々な対極の現象を、最小限まで省略された形状を通じ比喩的に表現。流れる音楽は作品の要となっており、反復音と無音を通じ対極性を聴覚越しに感じてもらう。言語学者の故・白川静氏は「夜更けた暗黒のときに、ひそかな音が門を通り抜ける姿に偉大なる何かを感じ」その様子を昔の日本人は’音連れ(おとずれ)’として表現したという。なお漢字の「闇」はその様子を表していると説明でき、「訪れる」の語源はここに関係する。明るい白い部屋を’現世’として、漆黒の永遠に続く闇を’あの世’として描き、人々が見たことのない東洋観を具現化したかったと伝えている。反復するリズムと繰り返す光景は作家によるお経の独自の表現であり、先代への供養である意味を込めた。

@